戻る》 《index

エンジェル 2007 フランス/ベルギー/イギリス
ショウゲート
ANGEL
ストーリー  19世紀初頭のイギリス。上流階級を夢見るエンジェル・デヴェレルはその夢想を文章にしたためる。16歳のとき出版社に認められ、作家デビューを果たし、瞬く間にベストセラーとなり成功するのだが・・・
監督 フランソワ・オゾン 原作:エリザベス・テイラー
出演 ロモーラ・ガライ シャーロット・ランブリング サム・ニール
音楽 ストーリー 映像・演出 俳優 総合評
★★★★ ★★ ★★★ ★★★ ★★
コメント  八百屋の二階に間借りしていることを他の生徒たちに笑われるなど、普通ならイジメだろ!と感じてしまうのだが、くじけないエンジェル。なにしろ自分が貴族生活に憧れるため、伯母さんの紹介の“パラダイス・ハウス”の召使の仕事もかる〜く蹴ってしまうほどだ。
 学校を休んでまでして「レディ・イレニア第4巻」を書きあげ、発行人であるギルブライト(サム・ニール)に認められる。その妻ランブリングのやりとりは面白く、世間を知らない小娘と見下すランブリングには随分失礼な態度。
 パラダイスハウスに住み、パーティで知り合った詩人のノラ(ルーシー・ラッセル)はやがて彼女に仕え、画家である弟エスメ(マイケル・ファスベンダー)と恋に落ちる。そして幸せな結婚も束の間、戦争が始まってしまう。
 数奇な運命というより、成功を手に入れた作家の凡庸な人生という気がする。しかも、普通の文芸作品とは違い、かなり足早に描いているのだ。オゾン作品だから何かあるはず!と期待するが、普通に終わってしまう。
 エンジェルは何か手に入れたのか?成功、名声、愛する男・・・しかし、エスメは前線へと出兵するものの何度も浮気相手アンジェリカと密通していたのだ。片足を失い戻ってきたエスメはギャンブルで借金したと嘘をつき、アンジェリカを養っていた。しかし、彼女は結婚し傷心したエスメは自殺する。
 実はアンジェリカはかつてパラダイスに住んでいて、エスメとは幼なじみ。没落する上流階級と成り上がりとの対比。どこに幸せがあるのかと考えると、何も答えが用意されてない作品。しかも、金を稼ぐために虚構ともいっていい想像上のロマンス小説を書き続けるエンジェル。戦争中、平和主義に走ったため売り上げが最悪になったという皮肉もあった。よほど愛国心にも餓えていた時代だったのかもしれない。
 オゾン監督らしくなく、彼の作品群の中では最低かも・・・
(2009.1)



広告 [PR] にきび  わけあり商品 資格 再就職支援 無料レンタルサーバー