戻る》 《index

ニワトリはハダシだ 2003 日本
ザナドゥ
ストーリー  舞鶴、知的障害児のサムは潜水夫のチチと二人暮らし。記憶力抜群のサムはふとしたことから盗難車のベンツの中にあった帳簿を丸暗記してしまう。それが警察の汚職に関するモノであり、警察や暴力団から狙われることとなった・・・
監督 森崎東
出演 肘井美佳 原田芳雄 石橋蓮司
音楽 ストーリー 映像・演出 俳優 総合評
★★★ ★★★★ ★★★ ★★★★ ★★★★
コメント  検察・警察が右翼団体に“へその下”・・・ん?“袖の下”だったか?日本のタブーに挑戦し続ける監督、森崎東作品だ!
 社会の底辺をささえる庶民生活の喜怒哀楽を、犯罪・社会派のプロットに上手く絡めて味のある作品となりました。よくもまぁ今まで取り上げられないくらいの危ない犯罪をさらりと描いたものだと感心しましたよ。警察の汚職問題自体、ハリウッドに比べると邦画では少ないのだけれど、最高検察庁、天皇という言葉もバンバン飛び出して、更には冤罪事件を自作自演するという特高警察並の空恐ろしいエピソードが含まれてます。しかも、罪をなすりつける相手が知的障害児サムだから、有罪判決を受けても覆すことが不可能であるかのような・・・こわっ。
 また、在日朝鮮人や外国人労働者など、現代社会が抱える問題もクローズアップさせて、人間味あふれる映画になっていました。ただ、海でうん○するシーンはちょっと引いてしまいましたが・・・
 主人公サム(『アイ・アム・サム』のパロディ?)の少年の演技はまずまずといったところでしたが、養護学校の先生役、肘井美佳が良かった!これからも期待しましょう。そして、石橋蓮司の渋くていい演技にラストでホロリ。岸辺一徳、柄本明も出演していたりと、また最多出演賞が混沌としてまいりました。
 舞鶴の歴史もちょっとだけ紹介したり、家の縁側からボートに乗れたり、昔ながらの潜水夫の映像など、かなり楽しめました。ただ、ロシア船に北朝鮮の国旗が映っていたような気がしたのは・・・・
(2005.3)



広告 [PR] にきび  わけあり商品 資格 再就職支援 無料レンタルサーバー