戻る》 《index

river リバー 2003 日本
クリエイティブオフィスキュー
ストーリー  警察官佐々木(大泉)は人質を取った通り魔を捕り逃し、人質をも救えなかった。婚約者を殺された藤沢はその警官を訴えようとしている。そしてスキージャンパーの選手生命を絶たれたバー経営者九重、イジメに遭ってた横井、この4人が同窓会で再会する・・・
監督 鈴井貴之
出演 大泉洋 安田顕 佐藤重幸
音楽 ストーリー 映像・演出 俳優 総合評
★★ ★★ ★★★ ★★ ★★
コメント  暗い!ブルーがかった映像もそうだが、独白台詞、会話全て、暗い人間が集まっているような感じだ。
 4人は18年ぶりに小学校の同窓会の2次会で一緒になり、他愛もない話で盛り上がるが、謎の男に声をかけられ、過去を消す薬を盗み出さないかと持ちかけられる。
 小学生時代に給食費を盗んだという疑いをかけられたこと。その恨みで殺人を繰り返す男。しかし、人物設定が面白そうだった割にそれが全く生かされてないというサイコスリラー。盗んだ薬に関してもよくわからないままだし、三角貿易という伏線もなかったし、不倫問題だって何のためにあったのかわからないし、通り魔犯人だってなおざりだ。雰囲気だけで撮ったという映画か?サケの放流・・・川を遡って戻ってくるというテーマだけが心地よい・・・
(2006.10)

リーピング 2007 アメリカ
ワーナー
THE REAPING
ストーリー  元宣教師だったキャサリンがアフリカで娘と夫を亡くしたせいで信仰心を捨て、奇跡を科学的に検証する科学者となっていた。小さな町“ヘイヴン”で起こった不可思議な出来事の調査を依頼されるのだが・・・
監督 スティーヴン・ホプキンス
出演 ヒラリー・スワンク デヴィッド・モリッシー イドリス・エルバ
音楽 ストーリー 映像・演出 俳優 総合評
★★★ ★★ ★★★★★ ★★★ ★★★
コメント  あなたは奇跡を信じますかぁ?
 アカデミー賞女優のヒラリー・スワンクがB級ホラーに主演?などと驚く方も多いだろう。しかし、元々映画デビューがヴァンパイア映画だった彼女は今後もまたヴァンパイア映画に出演するのです。多分、自身もホラー好きなのだと思わせるほどのヒラリー・スワンク。彼女の熱演のおかげで、かなり奥が深い旧約聖書の“10の災い”を楽しめるし、宗教や信仰心、ひょっとすると悲しみを背負った人間の生き様に感銘を受けることもあるかもしれない。
 主人公キャサリン(スワンク)は元宣教師だったが、アフリカで布教活動していた時期に娘と夫を亡くしてしまう。そんな彼女は信仰心を捨て、“奇跡”を信じないどころか、その事象を科学的に解明する科学者となっていた。そこへアメリカ南部の小さな町“ヘイヴン”で川が血のような真っ赤な色に染まってしまったという異変の調査を依頼される。調査を開始すると、川が血で染まったのは第一の災いであり、旧約聖書の“10の災い”にそっくりな展開になっていくというプロットだ。
 宗教を捨てたキャサリンにとっては“10の災い”も全て科学で証明できるのだと、早口で相棒ベンに解説するシーンが印象的。有名な出エジプト記の10の第一の災いは、大量の藻のおかげで微生物が発生して赤潮のように水が赤くなった・・・カエル、ブヨ、アブ、家畜の疫病、と全て科学的に説明がつくのだと・・・早口すぎて覚え切れません。そういえば、カエルの大群が落ちてくるなんて『マグノリア』以来。イナゴの大群は色んな映画に出ていますけど、旧約聖書をモチーフにしていたものが多かったのかもしれませんね。ようやく理解できました。
 キャサリンが転んで頭を打ったり、寝ているときに、現実なのか夢なのかわからないほどのフラッシュ映像が挿入され、アフリカに飛んだり、町で不吉な少女とされているローレンに出会ったりと目まぐるしく移り変わります。『エクソシスト2』でも似たような映像表現がありましたが、この映画ではとにかく特殊効果が凄い。どうやって撮っているんだろう?などと一瞬でも考え込んだら頭がパニックになりかねません。感心しているとストーリーはどうでもよくなってくるほどです。ダークキャッスルも金が有り余っているのか、とにかく映像にはビックリです・・・
 陳腐な部分も多い映画でしたが、ほとんど浮いていた状態のスティーヴン・レイ。ヒラリー・スワンクに危機が迫っていると連絡をくれたりするのですが、彼だけ映画の別次元に存在していたかのようで痛かったです。そんな中でも拾い物だったのが、少女ローレンを演じたアンナソフィア・ロブ。『チャーリーとチョコレート工場』にバイオレット役で出演していた娘なのです。ほとんど喋りませんが、怖い顔とやさしい顔、色んな表情で演技できる存在感のある子役でした。
(2007.5)



広告 [PR] にきび  わけあり商品 資格 再就職支援 無料レンタルサーバー