戻る》 《index

LIMIT OF LOVE 海猿 2005 日本
東宝
ストーリー  
監督 羽住英一郎
出演 伊藤英明 加藤あい 佐藤隆太
音楽 ストーリー 映像・演出 俳優 総合評
★★★ ★★★ ★★★★★ ★★★★ ★★★★
コメント  「下川さん!あのフェリーはジーダスのせいで座礁したんですよ。早くガメラを呼びましょう!」
 ガメラのイメージがまだ目に焼き付いているときに津田寛治がスクリーンに映し出されると、窓外で傾いたフェリーの横にガメラが飛んでくる錯覚に悩まされます。しかし、こちらの方が迫力においては勝っていました。それは海上保安庁の全面協力協力とかかなり進歩したVFXによる効果よりも5000人ものエキストラのおかげかもしれません。実際の大型フェリー船も効果的に使っているので、とてもリアルな仕上がりでした(後半のフェリーの傾きが船内とリンクしていなかったことが残念でしたけど)。
 映画はまさしく体育会系。ただただ人命を救助したい熱い男のドラマと、主人公仙崎大輔(伊藤英明)と婚約者(加藤あい)のラブストーリーであり、単純明快。大事なことは、いつ泣いてもいいようにハンカチを用意するだけです。もちろん前作やTVドラマ版を観てなくても大丈夫です(海保のメンバーがちょっとわからない程度)。『タイタニック』や『ポセイドン・アドベンチャー』の真似だという意見は周囲から散々聞かされるような予感もするのですが、この映画は逆さまになったり真っ二つに折れるのではありません。横に倒れるのです!そこのところを反論材料として用意しておいてください・・・
 船内に取り残されるのは仙崎とバディの吉岡(佐藤隆太)、そして売店で働いていた大塚寧々と中古車ディーラーの吹越満でした。絶妙なキャスティングでしたが、怪我をしてしまった吹越が今にも「オレハダイジョウブ」などとロボコップネタを披露してくれそうな妄想にかられた観客が、620人に1人くらいの割合でいたような気がします。また、ちょっとした小ネタで、恋愛研究会に所属していた大塚寧々が「恋愛の結末」というテーマを論ずるところも面白かったのですが、他のパターンはないものか?と鑑賞後に恋愛映画を議論するのも楽しそうです。
 この先、『ポセイドン』も公開されることだし、なぜか最近の映画では、沈没する船が多すぎないか?と疑問に思っていましたが、実際にも全世界で年間に大小あわせて2400隻もの船が沈没しているそうです。死者数も年間100人以上。こりゃサルベージ業という職業も必要になってくるわけですね・・・
(2006.5)

リメンバー・ミー 2000 韓国
ドラゴン・フィルム
DITTO
ストーリー  1979年のソウル。英文科の女子学生ソウンは先輩トンヒに憧れていた。ふとしたことから無線機を手に入れ、チ・インという同大学の学生と交信するが、彼が2000年の未来の人間だと知る。
監督 キム・ジョングォン
出演 キム・ハヌル ユ・ジテ ハ・ジウォン
音楽 ストーリー 映像・演出 俳優 総合評
★★★★★ ★★★★ ★★★ ★★★★ ★★★★
コメント  真っ先に『オーロラの彼方へ』を思い出してしまう。21年と言う時を隔てた男女の関係は「もしや母と息子か?」などと単純に考えていたが、そうならなかったことにこの作品の完成度を見た。『オーロラの彼方へ』も韓国の『イルマーレ』も同じ2000年に作られたことを考えても似ていることがとても不思議だが、わざとらしいプロットになっていないことや、自分の未来を知ってしまった切ない女性の心を描いていることにに好感が持てるのだ。
 しかし、現代の主人公につきまとう女の子、ハ・ジウォンにもドラマ性を持たせてあげたい気がする。彼女はホラー映画ばかりで可哀想だ。。。『ボイス』『友引忌
(2004.7)



広告 [PR] にきび  わけあり商品 資格 再就職支援 無料レンタルサーバー