戻る》 《index

ロング・エンゲージメント 2004 フランス
ワーナー
UN LONG DIMANCHE DE FIANCAILLES
ストーリー  第一次大戦下のフランス。恋人マネクの帰りを待ち続けたマチルダは戦死の訃報を受け取った。しかし直感でマネクが生きていると信じたマチルダは私立探偵ピールを雇い調査を始めた。
監督 ジャン・ピエール=ジュネ
出演 オドレイ・トトゥ ギャスパー・ウリエル ティッキー・オルガド
音楽 ストーリー 映像・演出 俳優 総合評
★★★★ ★★★★ ★★★★★ ★★★★★ ★★★★
コメント  激しい空爆と爆破シーンが生々しく臨場感たっぷり・・・一瞬、聴覚を失ったような感覚に陥り、観客は塹壕の中に隠れている兵士のように凍りついた。
 戦争の悲惨さ、空襲を受け爆撃されるだけではなく、味方の軍の中にも悪魔が潜んでいるという異様な重苦しさをも表現している。映像は、塹壕の中、軍法会議で死罪の判決を受けた5人の兵士が連行され、ドイツ軍と対峙する中間点へ置き去りにされるところから始まった。彼らは皆、自分の手を撃ち抜いて兵役を逃れようとしたのだ・・・
 人物紹介がスピーディーに展開されるので、公式サイトで予習しておいた方が無難だと思います。『アメリ』のオドレイ・トトゥ演ずるマチルダが待ち焦がれる恋人マネクもその5人の一人。自分の指を撃ち落すシーンで度肝を抜かれます。「貧乏人が大砲を作り、金持ちが売る。そして貧乏人が死ぬ」とアジテートするシ・スー、復讐に燃える娼婦のヒモであるアンジュ、伏線となるバストゥーシュ、重要人物であるノートルダム、と覚えておきたいところです(と、公式サイトで確認)。
 ストーリーは、戦争映画とマチルダ、マネクのロマンス映画をベースに、“マネクの最期を見届けた人物”を探すため私立探偵を雇って調査をするという不思議な物語。マチルダの恋人を愛するがゆえの直感が謎の深部に突き進んでいく。列車に乗っているマチルダは「7つ数える間にトンネルに入るか、車掌が来るかすれば、マネクは生きている!」などとつぶやいたり、M・M・Mという暗号を基に恋人同士にしかわからない秘密を探っていったりと『アメリ』にも通ずる新感覚のエッセンスを発揮している。そして、笑いの要素、マチルダの実家に郵便配達人が何度も登場し、その度に笑える空間を設けてあるのです。こうやって眺めると、かなり詰め込み過ぎの感を否定できなくて、めまぐるしい展開に取り残されそうになるのが難点でした。
 登場人物がかなり多いと一人一人の描写が疎かになりがちなのに、絶妙なバランスで素晴らしい演技で惹きつけてくれます。特にティナ役のマリオン・コティヤール(『TAXI』シリーズ)が良かったし、意外な女優、ジョディ・フォスターも良かったです。彼女が脇の下をタオルで拭くという何気ない演技にノックアウト・・・

2004年アカデミー賞撮影賞、美術賞ノミネート
2004年ゴールデングローブ賞外国映画賞ノミネート
2004年セザール賞助演女優賞(マリオン・コティヤール)、有望若手男優賞(ギャスパー・ウリエル)、撮影賞、衣装デザイン賞、美術賞
(2005.3)

ロンゲスト・ヤード 1974 アメリカ
Par=CIC
THE LONGEST YARD
ストーリー  刑務所を舞台に囚人チームと看守チームがフットボールで対決する物語。クルーは所長に頼まれ、看守チームの練習チームを作るのだが、仲間を売ったという過去があるため、中々信用されない。。。
監督 ロバート・アルドリッチ
出演 バート・レイノルズ エディ・アルバート マイケル・コンラッド
音楽 ストーリー 映像・演出 俳優 総合評
★★★ ★★ ★★★ ★★★ ★★
コメント  レーナード・スキナードの「サタデー・ナイト・スペシャル」から始まった。軽快に始まり、いきなりのカーチェイスだったが、刑務所に入ってからはちょっとスローテンポでダレてしまった。
 囚人チームには、ジョーズ役のリチャード・キールが出てるじゃありませんか!何だかそれだけで嬉しくなってしまった(笑)
 しかし、まぁ、アメフトの良さを伝えようとする映画であり、アメリカ万歳の映画なんでしょうな。最後は撃っていたら、評価上げたのになぁ・・・・(昔観た時と、評価がちがうなぁ)

1974年アカデミー賞編集賞ノミネート
1974年ゴールデングローブ賞作品賞
(2004.10)

ロンゲスト・ヤード 2005 アメリカ
SPE
THE LONGEST YARD
ストーリー 八百長疑惑でNFLを追われた元トップ・プレイヤーのポール・クルー。すっかり落ちぶれてしまった彼は、ある日飲酒運転で警官とカーチェイスをして懲役3年の刑に。
監督 ピーター・シーガル
出演 アダム・サンドラー クリス・ロック バート・レイノルズ
音楽 ストーリー 映像・演出 俳優 総合評
★★★ ★★★ ★★★ ★★★ ★★★
コメント  うぉ〜〜ここでも「サタデーナイト・スペシャル」がかかってる♪
 なんだかオリジナルよりも見やすい。なんたって笑えるアダム・サンドラーとクリス・ロックだからなぁ。しかも囚人側の選手は凶悪そうな男ばかり。ボブ・サップなんてのもいるし。
 クリス・ロックは殺害されるけど、その犯人にもさせられるという裏取引。そんな保身よりもゲームに勝つほうが大事だというさわやかさ。それに老体に鞭打って最後に飛び入りするレイノルズのばかばかしさも・・・なかなか楽しめました。

2005年ラジー賞助演男優賞(レイノルズ)ノミネート
2006年MTVムービーアワード ブレイクスルー演技賞(ネリー)、コメディ演技賞ノミネート
(2007.11)

ロンドン・ドッグス 1999 イギリス
ザナドゥ=アスミック・エース
LOVE, HONOUR AND OBEY
ストーリー 郵便配達人のジョニーは仕事に行き詰まりを感じていた。クールに生きるためにギャングのレイを叔父に持つジュードに頼んでギャングの一員になろうとする。
監督 ドミニク・アンシアーノ
出演 サディ・フロスト ジョニー・リー・ミラー ジュード・ロウ
音楽 ストーリー 映像・演出 俳優 総合評
★★ ★★★ ★★★ ★★
コメント  かなり下ネタのブラックユーモアの小ネタばかり。「クリスチャン・ディオ〜〜ル」では笑ってしまったが、下ネタ以外のところでは笑えない。
(2004.1)

ロンリーマン 1956 アメリカ
PAR
THE LONELY MAN
ストーリー  14年ぶりに故郷へ戻ってきたジェイコブは息子ライリーに会った。ジェイコブは殺人犯であり、そのために母は自殺したのだ。父を憎んでいたライリーは母の無念を父に伝えるため一緒に町を出る。。。
監督 ヘンリー・レビン
出演 ジャック・バランス アンソニー・パーキンス エレイン・エーキン
音楽 ストーリー 映像・演出 俳優 総合評
★★★ ★★★ ★★ ★★★ ★★★
コメント  西部劇を利用した父子愛の物語だ。前半部分は、『大草原の小さな家』の一話のような雰囲気があります。
 殺人犯であり、そのために母親が自殺したため父を憎んでいた息子。父の恋人エイダと友人ベンのおかげで徐々に心を開いていく様は、その後いろんな映画の設定として使われていると思います。ベン役のロバート・ミドルトンのしぶい演技が映画を引き締めていた。
 だんだん目が見えなくなるというストーリーもいいですね。ベタですが。
(2004.4)



広告 [PR] にきび  わけあり商品 資格 再就職支援 無料レンタルサーバー