戻る》 《index

ザナドゥ 1980 アメリカ
Uni=CIC
XANADU
ストーリー  レコードジャケットを模写する青年ソニーは不思議な女性に突然キスされる。絵にも現れた彼女を探すうち、クラブを作りたいと願うクラリネット吹きのダニー・マクガイア(ケリー)と出会う・・・
監督 ロバート・グリーンウォルド
出演 オリヴィア・ニュートン=ジョン ジーン・ケリー マイケル・ベック
音楽 ストーリー 映像・演出 俳優 総合評
★★★★ ★★ ★★ ★★
コメント  オープニングからPV風。CGはまだない時代なので、フィルム加工も大変だろうと感じる。音楽だけが独り歩きし、有名になってしまった映画。
 キーラ(ニュートン=ジョン)はミューズだった。大神ゼウスの娘。“ザナドゥ”オープンの日だというのにキーラがいなくなって落ち込むソニー・・・などと、ストーリーを語るのも馬鹿らしくなるほどストーリーがない!
 そんな中で、ジーン・ケリーのタップダンスは健在だったし、オリヴィアのミュージックビデオを見たつもりになればそれなりに楽しめる・・・

1980年ラジー賞監督賞
同作品賞、主演男優賞(ベック)、主演女優賞、脚本賞、主題歌賞ノミネート
(2008.10)



広告 [PR] にきび  わけあり商品 資格 再就職支援 無料レンタルサーバー