戻る》 《index

U・ボート 1981 西ドイツ
ヘラルド
DAS BOOT
ストーリー  1941年、ナチス占領下のフランス、ラ・ロシェル港から一隻のUボートが出航した。敵の駆逐艦やタンカーを撃沈、困難を乗り越えて潜航を続ける。。。
監督 ウォルフガング・ペーターゼン
出演 ユルゲン・プロフノウ ヘルベルト・グリューネマイヤー クラウス・ベンネマン
音楽 ストーリー 映像・演出 俳優 総合評
★★★★★ ★★★★ ★★★★ ★★★★ ★★★★★
コメント  CGを駆使した海洋モノでは『パーフェクト・ストーム』がすごいと思っていたのだが、同監督による彼の原点のような作品。
 敵タンカーを撃沈したときでも全く戦意高揚しない。「ヘルプ・ミー」と叫ぶ敵がの人々を見ると虚しくなるばかりだ。途中、スペインにて補給するため地上に出るが、ずっと息苦しい。汗、汚物、油の悪臭が漂ってくるかのような映像。潜水艦映画は数多いが、これだけ臭いがある映画は他の追随を許さないだろう。水深230mにてボルトがいっぱい飛び散ってくる場面もすごかったが、終盤には限度を超え280m?・・・緊迫感がすごい。
 ラストでは、帰港したはいいけど空襲によって・・・と無情さ・虚しさだけが残るという反戦映画になっていると思います。中途半端なヒューマニズムなどを一切排除したおかげだ。

1982年アカデミー賞監督賞、脚色賞、撮影賞、音響賞、音響効果賞、編集賞ノミネート
1982年英国アカデミー賞外国映画賞ノミネート
(2005.2)



広告 [PR] にきび  わけあり商品 資格 再就職支援 無料レンタルサーバー